スマホだけでできる!テレフォンレディ・メールレディの副業の実態とは?

テレフォンレディ・メールレディとは何なのか?を解説する前に、全体的なイメージをもってもらうため、まずは実際に仕事をしていた人の体験談を紹介します。

体験談:稼ぐには根気が必要です(20代/女性)

私がメールレディのお仕事をしようと思ったのは、単純にお小遣い目当てでした。
当時大学生だったのですが田舎なのでなかなか良いバイトもありません。就職は上京する予定だったのですが、その時にはまた引っ越しでお金がかかりますし、せっかくの一人暮らしなのにカツカツ、家具も無しじゃ寂しいということで大学時代から少し貯金しておきたいと考えていました。そこで色々調べてたどり着いたのがメールレディのお仕事でした。

私の場合は複数のサイトを利用していて、アダルト専門のところもあればノンアダルト専門のところもありますし、どちらも平気というサイトもあります。モコム、クレアなど大手以外に小さなところも相性があると思って結構色々登録していました。私の場合はちょいアダルトといったところでしょうか。ちょっとくらいいやらしい話もしますが、本格的なことはしませんでした。やっぱり顔がインターネットに出てしまうのは怖いですから顔写真も一切出していませんし、ほとんどがメールでの活動でした。

実際に稼いだ金額ですが、毎日帰ってきてからコンスタントにメールをして画像も結構送信したりしていたので全てのサイトを合わせると月に20万円以上稼ぐ月もありましたが、大体は15万円くらいですね。メールレディといってもプロフィールに画像や動画を置いておいて、それを見てもらうとポイントが入るのでそれでも稼ぐことが出来ていました。

具体的なお仕事の内容ですが、主にメールと画像や動画の撮影です。後は両親がいない時にはちょっと電話もしていました。携帯だったのでライブチャットといっても声だけですし、常連さんだと本当に世間話だけになるのでアダルトが苦手な人でも良い常連さんが出来ればかなり楽だと思います。

仕事に必要な機材ですが、本当にスマホだけで大丈夫です。後は写真を撮影する時はセルカ棒を使っていました。家の中なら問題はありませんし、少しでも良い雰囲気に見えるような努力はある程度必要だと思います。常連さんとのメールはなかなか楽しいですし、撮影した動画や画像に駄目だししてくれる人がいるのも面白いところです。逆に必死に口説いてくる人もいますし、攻撃的な口調の人もいるので厄介ですが通報するとちゃんと対応してもらえました。売上を伸ばすためにはやはりプロフィールの充実と、新規獲得のためのメールです。プロフィールが充実していてランキングなどに載ったり掲示板に投稿したりしているとあちらからメールが来る確率が増えますよ。

ちなみに、何人かの友人はこの事を知っているというか、彼女達も同じように稼いでいました。アダルトだけだったらお勧め出来ないのですが、ノンアダルトならお勧めしやすいです。そこからアダルトに移るかどうかは個人の自由ですが、より稼げるアダルトに移動する友人も結構いました。

これから始める人は、まず最初は根気です。最初からすんなり稼げるわけではありません。しかし、順調に稼げる日が必ず来ますのでランキングなどを見て稼いでいる女の子達の良いところを盗むようにしてみてくださいね。

※体験談はページ下にも幾つか掲載しています。

解説:テレフォンレディ・メールレディとは?

テレフォンレディはスマホ(携帯電話)で男性と会話するお仕事です。
体験談にもありましたが、仕事に必要なのは本当にスマホだけです。チャットレディのようにPCとWEBカメラも必要ありません。

テレフォンレディでは会話だけでなく、メールのやり取りやTV電話なども活用します(TV電話機能のないスマホでも仕事はできます)。
メールだけでもお仕事は可能なので、メール専門の女性をメールレディとも言います。

ただし、テレフォンレディとメールレディは別の仕事ではなく、コミュニケーションツールが違うだけで基本的には同じ仕事です。

メールレディの方が、楽そうですし、プライバシーも守れそうなので、敷居が低いように感じますが、メールだけの仕事だとあまり稼げないので、そこは割り切る必要はあります。
月数万円以上稼ごうとなると、通話はほぼ必須だと考えましょう。

報酬は電話であれば1分あたり100円程度、メールであれば1通あたり数十円程度の収入になります。メールだけだと、1日千円稼ぐのも大変ですが、電話だと10分ぐらいで千円程度は稼げるので、やはり稼ぎの面では通話の仕事もしたいところです。

一例:大手テレフォンレディサイト「Mocom(モコム)」の場合
●TV電話…135円/分(時給換算8,100円/時)

●音声通話…51円/分
●メール受信…36円/1通

※なお、男性側が支払う料金は以下のとおり
●メールの送信…80円/1通
●画像メールの閲覧…50円/1通
●TV電話…250円/分
●音声通話…200円/分

お客さんと長時間通話すれば、破格の収入になりますが、会話ないし、メールのやり取りがなければ、収入は0円です。

ノルマもないので気軽にできますが、時給いくらの仕事ではなく完全歩合制なので、お客さんがつかないと、全く稼げません。
なので、稼げる人と稼げない人も差が大きく、稼げない人はすぐにやめてしまう格差の大きい仕事といえます。

仕事時間は自由なので、自分の好きなときに仕事ができます。短時間でもOKなので、副業にも向いています。

電話やメールをするので、個人情報の流出が心配ですが、お客さんとのやり取りはシステムを通すので、互いの電話番号・メアドなどはわからない様になっているのでその点は安心です。こちらから電話をする場合は通話料がかからない仕組みになっているので、その点も安心です。

テレフォンレディのサイトはノンアダルト・アダルト両方OKのミックスサイトがほとんどですが、お客さんは男性なので、やはりアダルトなやり取りを希望する人が多いです。しかし、それに応じる義務はなく、嫌ならやる必要はありません。ただし、アダルトOKの女性のほうがお客さんはつきやすいです。
また、顔出しはしなくてもいいですが、出したほうが男性からは選ばれやすいです。

テレフォンレディのメリットのまとめ
●高時給
●勤務時間自由
●ノルマ無し
●経歴不問
●登録してすぐに仕事ができる
●個人情報は守られる
●ノンアダルトもOK
●自宅でできる

以上のように多くのメリットがあるテレフォンレディ(メールレディ)ですが、楽して稼げる仕事ではありません。
先程も言いましたが、お客さんがつかないと収入は0円なので、お客さんを多く呼びこむ営業的な作業も必要になってきます。
例えば、自己紹介の動画をUPするとか、セクシー画像を掲示板に載せるなどです。

テレフォンレディは単にダラダラ話せば稼げる仕事ではなく、接客業の一種なので、相応のコミュニケーション能力も必要です。
会話がつまらないとすぐに切られてしまって、稼げません。一方で、上手く相手を喜ばせることが出来たら、リピータになってくれて、売上も安定してきます。

決して楽して稼げる仕事ではありませんが、成果報酬制なので努力がそのまま結果に結びつく仕事ですし、月に100万円以上稼げるポテンシャルもあります。人によって向き不向きはありますが、ここまで稼げる(可能性のある)在宅ワーク系の仕事はなかなかありませんし、副業を考えるなら検討する価値はあると思います。

テレフォンレディ・メールレディの募集

テレフォンレディはスマホで募集しているサイトがほとんどです(逆にPCだと応募できないサイトもあります)。
チャットレディのサイトほど数は多くありませんが、いくつもあって迷うと思います。
はじめにどれか一つを選ぶよりは、まずは大手のサイトに幾つか登録して、自分に合うところを絞っていったほうがいいでしょう。
  • Mocom(モコム)

    モコムはモバイルチャット業界では1,2を争う人気サイトです。
    業界トップクラスの高報酬で、月に50万円以上稼ぐ主婦の方もいます。
    とにかく稼ぎたい、という女性には最もおすすめできるサイトです。 なお、登録女性は10代から20代半ばの若い女性が多い印象です。それ以上の方は同系列のFAMU(ファム)も検討してみてはどうでしょうか。

    ●TV電話…135円/分

    ●音声通話…51円/分

    ●メール受信…36円/1通

    ※18歳以上40歳まで応募可能

    →Mocom(モコム)の詳細はこちらから
  • P-GIRLS(ピーガールズ)

    ピーガールズの良い点は、アダルトとノンアダルトが完全に分かれていることです。
    絶対にアダルトをやりたくない人にはおすすめです。
    (ただ、アダルトをやってもいい、という人は次に紹介するモコムのほうが稼げるのでそちらをおすすめします) なお、顔出しなしの音声通話でも、TV電話とそれほど報酬は大差がないので、顔出しに抵抗のある方にもおすすめできるサイトです。

    ●TV電話…45円/分(ノンアダルト)
    ●TV電話…75円/分(アダルト)

    ●音声通話…35円/分(ノンアダルト)
    ●音声通話…60円/分(アダルト)

    ●メール…25円/1通(共通)

    ※18歳以上応募可能

    →P-GIRLS(ピーガールズ)の詳細はこちらから
  • FAMU(ファム)

    ファムの募集は25歳以上女性限定で、男性側からすると熟女・人妻サイトです。
    サイトでも30~40代の主婦大歓迎とあります。
    メールのみの仕事も歓迎なので取り組みやすいと思います。
    他のサイトも30代、40代の女性を募集はしていますが、実際に稼働しているのは20代の女性がほとんどなので、やはり30代以上の女性はファムのほうがお仕事がしやすいと思います。報酬も比較的高めです。

    ●TV電話…70円/分
    TEL待ちの男性にこちらからかけると112.5円/分

    ●音声通話…42.3円円/分
    こちらからかけると34.8円/分

    ●メール受信…36円/1通

    ※25歳以上応募可能

    →FAMU(ファム)の詳細はこちらから

体験談:楽しく働いて月15万円(30代/女性)

私は転職をする時に、無職の状態が半年間続いたため、その間の生活費を稼ぐためにテレホンレディをしました。
なぜこのバイトを選んだかというと、テレホンレディなら時間に限られるわけではありませんし、自分の好きな時間に行うことが出来ます。また昼の時間を転職活動に費やしたかったので、時間に制約がないということは私にとって魅力的でした。

どのようにその業者を見つけたかというと、私は地方に住んでいたのですが、求人広告でテレホンレディの募集をたまたま見つけたのです。これはチャンスと思ってすぐに応募をしました。

基本はノンアダルトです。その事業所に行って電話を使用して行ってもいいし、自宅で自分の電話を使用して行っても問題ありませんでした。でも事業所に行く方が暇な時間はおしゃべりをしたり雑誌を読んだりお菓子を食べたりして過ごすことが出来るので、楽しかったかな。まるで女子高のようなノリで楽しんで仕事をしている感じでしたね。

私の仕事としては一日自宅で時間があれば2時間程度、そして事業所には平日3時間程度いくようにしていました。そのために一月15万円程度稼ぐことが出来ました。特別な機材も必要なく、スマホと自分のおしゃべりだけで稼ぐことが出来るし、簡単に仕事を始めることが出来ました。

また仕事もはじめはどんなことを話したらいいのか分からなかったけれど、事業所にはマニュアルもあったので、それに沿って次第におしゃべりが出来るようになりました。やはりアダルト目的でかけてくる人も多かったので、それにどのように対処して断るべきかが一番苦労したことです。特に相手の話に合わせて話すことを心掛けていましたが、時には難しいテーマになることも。そのために自分の常にニュースをチェックしておかないといけないなと思っていました。また自分の意見も少しはいえるように、しておかないと会話が持たないということも実感しました。相槌だけはしゃべっていても楽しくないですよね。やはり会話のキャッチボールが合ってこそ、会話が楽しいと言えるので、自分の意見を言えるように努力をしました。そうすると自然に会話も長くなり、自分の営業成績にもそれが反映されてきたので、もっと頑張ろうという気持ちになりました。

実際このバイトは内緒でやっていました。それはテレホンレディはちょっと秘密めいた危ないバイトのような感覚があったからです。でも実際に体験してみて思いました。もしも実際に相手のことにあうようなことがあれば危ないかもしれませんが、バイトはあくまでもサクラです。相手に会うことは禁止されています。そのことをしっかり守って、また事業所で仕事をしている分では何の問題も発生しません。むしろ自分の知らない人と話して知識を得ることもできます。会話でコミュニケーション力をあげることもできるので、凄くいいバイトなのではないかと思っています。その後転職を決めてそのバイトはやめてしまいましたが、もしチャンスがあれば、また戻ってもいいと思うくらいです。

ある意味ギャンブル!?テレフォンレディの仕事(30代/女性)

専門学校を卒業後、フリーターとして過ごしていましたが職場での拘束時間が長く、他の学校に通いたいなと思っていたのでもう少しお金が必要で高収入アルバイト雑誌を読みましたが、水商売や風俗までやる勇気はありませんでした。でもそこに一緒に掲載されていたテレフォンレディなら自分でもできるかなと思ってやってみようかなと思いました。

しかし、私は実家暮らしだったので自宅でテレフォンレディのお仕事をするのは抵抗があり、出勤でお仕事ができる会社を探しました。そこで見つけたのがモコムです。

テレフォンレディのお仕事は男性と電話でお話をするのですがノンアダルトかアダルトかの境界線は特になく、相手の男性次第でどちらの話も対応すると言った感じでした。本当に日常会話を楽しんでいるような人もいれば、エッチなトークを交えて体験談とかを話す人、そこからテレフォンセックスに持ち込む人から、電話がかかってきた時点ですでに一人テレフォンセックスを楽しんでいる人に話を合わせたりしました。

会話が長く続くお客さんは1時間位とかお話してくれるので良いのですが、電話が鳴りにくい時間帯や、2,3分でガチャ切りしてくるお客さんも多くて稼げるときと稼げないときの差は多かったです。
特に時間が短時間の出勤の時はボロボロだと3時間居たのに稼げたのが1,200円と言うこともあり普通にアルバイトをしていたほうがよっぽどいいじゃんとめげそうになることもありました。

でも6時間以上待機しているとその間に良いお客さんに巡り合うことはあり最低でも5,000円位は稼ぐことができました。でも深夜の時間帯や調子が良い時は同じ6時間でも10,000円以上稼げる日もあって本当にいつもいくら稼げるかわからないというドキドキハラハラ感がありました。

出勤だとマニュアルや会話のネタになりそうな雑誌が置いてあるのでテレフォンレディ初心者の頃の私はとても助かりました。性癖や趣味など色々な男の人がいるんだなぁと客観的にみることができるのでエッチな会話が苦手ない人にとっては楽しめます。

でもさすがにこんな仕事をしていることは家族にも友人にも言えません。ただ風俗で仕事をしている友人には言っても問題ないだろうと思い例外で話しましたが。なので聞かれても適当にごまかして過ごしています。

テレフォンレディは顔出しもないし声だけのお仕事なので声色を変えれば何歳にでもなれてしまいます。色々なキャラクターを演じることができる人は楽しんで取り組めるお仕事だと思います。自分だけのキャラクターを作り上げ、独自のメッセージを吹き込むことでお客さんの耳にも止まり指名が増えます。

ただ辛いところは完全歩合制なところで、この金額しか稼げないの?と悲しくなることは誰でもあります。そこでめげずに仕事に励んでいくのは一種のギャンブル性があるのかもしれません。私の場合たくさん稼ぐことができた日は「勝った」と思い次回へのやる気につながっていました。

体験談:赤裸々なテレフォンレディの実態(20代/男性)

私はニューハーフです。
中学生の頃から、男の子に興味があり、私自身も女の子になりたいと思っていました。
そしてそのまま成長していき、中学3年生になった頃には、髪の毛も長くなり、女の子っぽくなっていきました。
親もそれに対応してくれ、女性ホルモンの投与なども行ってくれ、より女の子っぽくなっていきました。
高校には行かず、アルバイトをしており、18歳になったころから夜の世界に行きました。
しかし夜の世界で働いていても、なかなか時間があまり、その時に先輩の女性からテレフォンレディのお仕事を紹介してもらいました。
これがテレフォンレディを行うことになった経緯です。

先輩の紹介で入ることになり、詳しく聞いてみると、アダルト系で、私は豊胸もしており、ほとんど女なので業者の方もOKしてくれました。
下は付いていたので、パンツまででも大丈夫かと聞くと大丈夫ということでした。
夜の仕事は週3で行っていましたが、テレフォンレディの仕事は週4日で時間がある時に行っていました。
そして約半年アルバイトでやっていました。

家にいる時はPCで行うようにしており、マイクやカメラをセッティングして行っていました。
声変わりもせずに成長しましたので、元男性とは思われず、私自身も女性として生きてきたので話し方や、仕草は全く問題なかったと思います。
具体的なお仕事内容は、サイトにログインして、私を気に入ってくれた男性が、お金(ポイント)を使って、私との触れ合いを楽しみます。
基本的には私たちから話しかけて、盛り上げないといけません。
しかし私は多少男心も分かってるのか、かなりいい評判を受けることが多かったです。

だいたい相手の男性はアダルト系なので、自慰行為を始めます。
そこで様々なアクションで相手の方を楽しませるのですが、指示の出し方がうまいとか、気持ちいところが分かってるね、などを言われました。
しかし相手の男性は射精してしまえば、もう通信を切ってしまいます。
なのでできるだけ長く、興奮させて射精まで時間を掛けるかが、より稼ぐためのポイントになっていきます。

稼げない人というのは、男心を掴むどころか、ただのオカズにしかなってないので早くしに射精させてしまい、ポイントが稼げないのです。
私の場合は、めちゃくちゃゆっくり下着を脱いだり、相手の男性が射精しにくい状況を作っていました。
例えば焦らしで、10分間触っちゃだめ、などです。

そして月に最高で68万稼げました。
平均では40万くらいでした。

一度通信中にとても好みの男性でしたので、私も反応してしまい、自分のものが見えてしまったことがありました。
しかし何と向こうは興味津々で、その後辞めるまで太いお客さんとして通信してくれました。

これから行おうとしている人は、まずは稼ぐためには、時間を稼ぐことを考えてください。
そして最低でも週3日は行うことが重要です。
そうしないと、「今日もいないな・・・」となり指名もされにくくなるのです。

テレフォンレディは時間に余裕があり、稼ぎたい人にはオススメの職業です。

意外に勉強になったメールレディの仕事(30代/女性)

過去にメールレディをしていたときのお話です。
申し訳ございませんが、出演サイトは忘れてしまいました。ソフトアダルトといった感じで、主なお仕事はメールをもらった男性、または自分でサイトでみつけた男性にメールを送ってそのやりとりをすることでした。私はパソコンからやりとりしていましたが、スマホからだけでもできました。

現在は、顔見せやチャットやボイスもOKでないとNGというサイトも多いようですが、私は顔を出したり、直接話したり、部屋を見られたりするのは嫌だったので、メールだけでOKのサイトを選びました。(もちろんチャットや顔出しもできるほうがお給料はあがると思いますよ)。

のんびり仕事していましたが、月10万円くらいは稼げていました。最初はとまどいましたが、できるだけ普通のメル友のような感覚で相手のお話を聞きだすように心がけました。私自身はどちらかというと真面目な口調のほうなので、もっとフレンドリーな話し方をされているメールレディの方も多いかもしれません。

でも、あまり自分とは違うキャラを演じることは難しいので、素のままで接することににしました。たとえば、その頃、ピアノの講師のバイトをしていたのでそのことを話したり、時には本当にそのときに悩んでいることを打ち明けてみたりしましたね。

だからでしょうか、年上の方にかわいがられていた感じです。困ったことは「会いたい」と言われることでしたね。あまりひっぱるのは申し訳ないので、「会えません」はっきり言ってしまうと、メールが途切れてしまうお客様も多々いました。

私がメールレディをしていて感じたのは、メールを利用される人は大きくわけて2種類いて、「すぐに異性と会いたい人」「異性の話し相手が欲しい人」にわかれると思うんです。メールレディがお相手できるのは後者ですね。ひとりでさみしい思いをしている独身の人、奥さんとうまくいっていない妻帯者、メールをしてくる人の事情や状況はさまざまです。

そんな人々の話に耳を傾け共感することが、メールのやりとりが長続きする秘訣だと思いました。私は周囲の人には知らせずに仕事をしていましたが、こっそりできるのもこのお仕事のいいところかと思います。ただ、画像のやりとりができるサイトなどだと、顔を送って欲しいと言われたり、また向こうが自分の顔写真や、ときには男性器(アダルトサイトの場合)の写真を送りつけてくる場合もあるので、びっくりしないように…笑(びっくりしますが…)。ある程度、割り切ってできる方にオススメかもしれません。

あまり深く考え込んでしまう方だと、男性不信になってしまうこともあるかも…。けれど、はじめたときは「ちょっといかがわしい仕事だな」と思っていた私なのですが、話がはずむうちに、きちんと人と人とのやりとりができたり、「君と話しているとほっとする気持ちになるよ」と言われたりと、嬉しい気持ちになったり、勉強になったりしたことも多々ありました。


→Mocom(モコム)の詳細はこちらから

このページの先頭へ