あり得ないことが高頻度で起こるSM女王様という仕事(20代/女性)

私はSMプレイの女王様をしていました。 その時の体験談をご紹介します。
<理由> 色々な理由がありました。
① SM独特の世界が好きだから。
② 性欲を発散できるから。
③ 高額なお金を稼ぐことができる仕事を探していたから。
④ 特殊性癖を持った男性と出会いたかったから。
⑤ 私自身が好奇心旺盛だったから。

<メリット>
① 短時間でかなり稼ぐことができるところ。
② 自分の空き時間を利用して仕事できるところ。
③ 男性を見る目が養えるところ。
④ 女王様になりきれる自分がいるという発見ができるところ。
⑤ 性欲の発散ができるところ。
⑥マニュアルが無いので、最初から最後まで自分でやりたいように創意工夫できるところ。

<デメリット> しいて挙げるなら、という感じですね。
①男性からもらうリクエストが必ずしも、自分自身の許容範囲内では無いところ。
②自分が希望しているプレイ内容と相手の男性が希望しているそれが必ずしもマッチングしないところ。

<この仕事の面白さ>
①「え~、この人が?!」というような人が「信じられない!!」という性癖を持っていて、それを特等席で拝見できるところ。 例)女性の排泄物が大好きな好青年。女装をしてスーツを着ている会社員など。
②「え~、ありえないでしょ!」ということが高頻度で起きてしまうところ。 例)排泄物を食べてエクスタシーを迎えてしまう男性の例など。 <この副業のツラさ> 私は好きでこの仕事を選んだので、とてもツラいと感じたことはあまり無いです。 ですが、予想していなかったことがしばしば起きる為に、その対応に追われる時は「やれやれ・・・」と感じることもありました。 具体的には、プレイが始まったばかりでしたが、相手の男性が急に気持ち悪くなって「オエーっ!!!」と目の前で吐き出してしまうということが過去にありました。 当然、私はプレイを中止にする方向に持って行ったのですが・・・。 彼は「続けます!!!」という1点張り。 仕方なく、プレイを再開したものの、何かあったら私の責任でもあるのでヒヤヒヤしたものです。

<この仕事のコツ>
メリットでも前述しましたが、この仕事は、マニュアルがありません。 なので、「コレをすれば稼げる」というものが他の仕事のようにあるわけではないように思います。 ですが、気をつけていることは1つだけありました。 それは、「どんな男性が来たとしても、どんな話でもできるようにしておくこと」です。 その為に、時間がある時は、いつも本や新聞を読むようにしていたものです。 実際、私がお会いした男性は、皆さんタイプが様々だったので、かなり役に立ったように思います!

<この仕事を人にすすめられるか?>
もし、あなたが刺激的なことが大好きで、冒険心があって、怖いもの知らずなら大丈夫だと思います! しっかりと、想定できるメリットとデメリットを考慮した上で始めるのがオススメですね!! 以上、私のSMの女王様体験談でした。

<管理人コメント>

SM女王様ですが、ネットで求人を探せばすぐに見つかります。冒険心溢れる人は是非。

このページの先頭へ