レンタカー回収の副業(40代/男性)

サラリーマン時代の話になりますが、このご時勢不況のあおりで昇給はしない、ボーナスは減額される。その一報、支出は増えると副業でもしないとやっていけないと感じる方も多いと思いますが、サラリーマンあるいは個人事業などやられている方の中でも多くの方は本業の方で縛られる時間というのはウィークデイならほぼ一日サラリーマンの方の場合は残業なので夕方以降とは言っても時間の縛りのある仕事やノルマ的なものがある内職などは現実問題難しいところが多いのではないでしょうか。
そんな条件で私の選んだ副業はレンタカーの回収業務という副業でしたが。基本時間の縛りが無く、空き時間だけの稼働でOKなのですが、結論から言ってしまうと、あまりお勧めの出来る副業では無い様に思えます。

まず単価が安い。業者によっても異なるとは思いますが、実走した走行距離10円/km前後がこの業界の相場のようです。休日フルに走って4000円~5000円が関の山といったところでした。大型車両や特殊車両は単価が高めに設定されてはいるものの、普通免許しか所持していなかったり、たとえ大型特殊の免許を所持していたとしても、出回っているレンタカーの種類が圧倒的に普通車の方が多いので単価の高い車ばかり選んで乗ることも難しいところです。
さらに指定された回収場所までは公共交通機関を使って移動しなければなりませんが、この交通費も一旦立替です。私が働いた業者さんは、まだ良い方で、数件ある回収もちゃんとルートが組める様に自宅から最初の案件までと、最終案件から自宅までの2ヶ所のみ公共の交通機関を使う様に組んでくれましたが(但、帰宅の交通費は出ません)途中の移動にこれを使う様に組まれてしまうと、立替はかさむは時間のロスは大きくなるはで、精神的にも肉体的もコストパフォーマンスに優れた仕事とは言い難いものでした。
もちろん回収の業務の最中でも高速代は出ません。使用禁止ではありませんが、高速を利用した場合は自腹ですので、これも時間的にはロスになります。

そして最大のデメリットは「事故」ですね。私は幸にして事故の経験はありませんでしたが、保険には入っているものの免責額までであれば自腹負担です。たとえもらい事故だったとしても10:0にならなければ修理代は自腹というリスクがあります。
車を使った仕事で事故の際の負担が自腹になる可能性というのは、かなりのリスクではないでしょうか。

結局、時給換算した時の効率の悪さと、この大きなリスクが理由で直ぐにこの仕事は辞めてしまいました。求人の多い案件かとは思いますが、もしレンタカー回収のアルバイトを考えている方がいらっしゃいましたら、私の体験を参考にして頂ければさいわいです。

<管理人コメント>

運転が好きな人なら楽しめそうな副業ですが、いろいろな面で厳しい仕事のようですね。
休日をフルに使って4000円~5000円であれば、まだコンビニで1日働いたほうが稼げると思います。
それでも、好きでやれるなら多少収入が低くても我慢できるのかもしれませんが、事故を起こした場合の負担が自腹というのは酷い話です。
個人的にはこの方もおっしゃるように、レンタカー回収の副業はおすすめできそうにありません。

【本サイトで最も読まれているページTOP3
アクセスNo.1:まじめな副業(TOPページ)
アクセスNo.2:月収1~2~3~5~10~100万円のおすすめ副業
アクセスNo.3:FXで副業
スポンサーリンク

このページの先頭へ