パソコンインストラクターの体験談(30代/男性)

パソコンインストラクターの副業を経験しました(30代/男性)
私はパソコンの全般に関する知識に長けていて、昼間の仕事が終わってから1人でも多くの利用者の方々に学んでもらいたい為にパソコンのインストラクターの副業を経験しました。基本的に仕事が終了して、夕方から夜間の数時間だけ商業施設の中にある教室で担当講師の補助の係員として、機器の操作の方法を分かりやすく教えました。

本業がある時には夜間に数時間だけ行いますが、土曜日や日曜日などの休みの日は自己申告制で5時間程度の出勤をしました。時給は基本的に千円ですが、経験や教える際の能率によって時給が急に上がる事が魅力です。私は最初の1ヶ月で月に5万円ほど稼いでいました。教える事の評判が良い事で時給が上がって、副業として勤めてから半年後には平均で月に8万円程度まで月収を伸ばしました。

インストラクターの面白みは、自分の得意とする分野を利用者に教えられる事です。私は子供の時からコンピュータに興味を持っていて、操作の仕方などを子供のうちから習得しました。大人になってから様々なソフトを扱えるようになった事で、培った知識を多くの人に分かりやすく覚えてもらえる事が面白いです。

大変であった事は、高齢者の方々に教える時に何度も分かりやすく操作方法を教えても、なかなか理解してくれなかった事です。初心者が出来る操作を何度も教えても、高齢者の方々が聞き返してくるので、授業がなかなか進まなかった事が大変でした。私がフォローできない部分は、担当の責任者がしっかりと高齢者の方々にフォローしてくれた事で、ある程度教える内容に関して理解してくれた事が良かったです。

近所のご高齢者を対象にしたパソコン教室(40代/男性)

わたしは土曜日、日曜日、祝日を中心にご近所のご高齢の方、またはパソコン初心者を対象としたパソコン教室を開催しています。

自宅のリビングで1回あたり5人程度を対象にしたそれこそフェイスtoフェイスの講座です。1回あたり2時間で午前午後2回というスケジュールにしています。

初心者、中級者、上級者といったクラスを作らず、あくまでその方に合わせたパソコンの使い方を教えていくというのが目的です。

最初にヒヤリングシートでパソコンでどういったことができるようになるのが目的かということを聞くようにしています。そのシートに基づいてパソコンの利用方法を伝授するというパターンです。

そもそも、この教室を始めたのは近所の方にパソコンを教えていて、その方から同じようなレベルの人間がたくさんいるから、無料ではさすがに教えてもらうほうも申し訳ないので少しお金をもらって自宅でやってみたらというアドバイスが最初でした。

まあ、この程度であれば、本業にも影響なく、わざわざ申告する必要もないと思ったので思い切って始めました。もともと大きくしようというつもりもなかったので口コミだけで毎週10人以上が集まってくれるようになりました。1回あたり2000円なので毎週20000円程度の収入になります。

パソコンは持ち込みが基本ですが全くの初心者にはパソコンの貸し出しを行っています。ということで自宅のブロードバンド回線と3台のパソコンの初期調達のみで始めることもできました。毎月のランニングコストも一切かからないといってもいいでしょう。

ありがたいことに毎週10人以上の方々にパソコンの基礎、または中級レベルの使い方を教えるだけで2万円の収入、月刊10万円近い収入になっています。

前述のとおり、ランニングコストが一切かからないこともあり、休日がつぶれてしまう以外は全く問題ありません。また、近所の方々との交流が図ることができて、非常にメリットを感じています。パソコン教室のあとはいっしょにお茶をしたり、頂き物をしたりと非常に有意義です。

家族との用事がある時は1か月前までに生徒さんにそのスケジュールを伝えたうえで教室の参加者を募る形式をとっています。ということで家族にも全く影響がなく、非常に充実した高収入、高収益の副業になっています。また、これからも自分のスケジュール次第で長く継続していけるという面では本当にいい副業を見つけたと思っています。

<管理人コメント>

パソコンインストラクターはパソコンの知識があることが前提です。パソコンインストラクター資格認定試験というのもありますが、合格しなくてもパソコンインストラクターにはなれます。パソコンは年々仕様が変わっていくので、常に勉強していかなくては仕事になりませんし、自己啓発が必要な仕事だと思います。

【本サイトで最も読まれているページTOP3
アクセスNo.1:まじめな副業(TOPページ)
アクセスNo.2:月収1~2~3~5~10~100万円のおすすめ副業
アクセスNo.3:FXで副業
スポンサーリンク

このページの先頭へ