ミステリーショッパーの副業は交通費がネック(30代/女性)

ミステリーショッパーといっても、あまりなじみのなさそうな副業ですが、平たく言えば「お客さんとしてお店やサービスを利用し、店舗の外観や接客態度を評価する」というどちらかといえば覆面調査といったほうがわかりやすいでしょうか。

収入としては仕事が自分の行動範囲に仕事があるかどうかで決まるので月単位では不安定ですが、拘束時間が短く2時間程度で3000円など単発バイトよりは小回りもきき平日仕事を持っている人にはちょうどよいかと思います。

メリットは先ほどあげたように時間単価がよいこと・お金がもらえないタイプの仕事でも商品代金を立替えあとで全額払ってもらえるような飲食店系だと一食分浮かすことができる点です。

デメリットは住んでいる場所(調査員が多い地区など)によって仕事量が安定おらず(応募制だが落ちることもある)、一回調査に入ったお店には一定期間仕事で入れないので収入源として期待しにくい点があるところです。
また、交通費は出ないことがほとんどなので、あまり遠いところを選んでしまうと交通費がかかりすぎてあまりうまみがないところです。

面白さとしては、不動産調査に入ったときに「調査対象に選んだ物件が事故物件の隣」などある意味レアなものにめぐり合うところです。事故物件はさすがに安くしてもらっても抵抗がある人もいると思いますが、事故物件が隣で現在空き室というのも場合によっては家賃を引いてもらえる場合があるとわかると部屋選びの選択肢がふえるかもしれません。

辛いとまでは思いませんが、かなり詳細な指示書や各項目が多い事後報告書が少し負担です。でも、パソコンでフォーマットに入力することに慣れている人や写真をネットにアップロードすることに慣れている人には苦にはならないと思います。

この副業を始めるコツは、デメリットに書いた交通費をどう抑えるかだと思います。会社勤めをしていて電車やバスの定期券の支給がある人はそれをうまく利用すればよいと思います。また、カップルや家族連れとして飲食店の調査に当たるものもあるので協力してくれそうな人を募っておくと仕事が多く取れそうです。(登録しているサイトでは宅配ピザの調査案件もあるのでハードルの低いものから一緒にするなど工夫のしがいはあります。頼めるものも決まっていて代金を相殺してくれるタイプになります。)

ほかの人へのオススメ度は、住んでいるところによって仕事の量に差があるので調査員が少なそうなところにすんでいて定期券や車などで移動しやすい人には向いていると思います。(ちなみに利用しているミステリーショッパーのサイトでは東京市部の募集メールが頻繁に着ます。)

<管理人コメント>

ミステリーショッパーの仕事は定期的にはないので、安定して稼ぎたい人には不向きです。割のいい募集は、応募者が殺到して抽選になるので、なかなか当選しません。なので、基本的にミステリーショッパーは稼げる仕事ではなく、趣味や気分転換でやるものだと思います。
ミステリーショッパーへの応募は募集しているサイトがあるので、そこに登録してから、個別の案件に応募する形となります。
なお、ミステリーショッパーの仕事は一人だけでできるのは少ないです。
レストランでの食事の仕事では、大抵2人以上で行くことなどの縛りがあります。一緒に行ってくれる友人がいればいいですが、いないとミステリーショッパーとしての活動はしにくいです。
また、食事中も食事が提供されるまでの時間をはかったり、トイレに行って清掃状況を報告するために写真を撮ったりするなど、やることが多く、リラックスして食事できません。
報酬は一食分の食事代ぐらいに設定されているので、無料で食事ができるようなものですが、楽ではありません。

【本サイトで最も読まれているページTOP3
アクセスNo.1:まじめな副業(TOPページ)
アクセスNo.2:月収1~2~3~5~10~100万円のおすすめ副業
アクセスNo.3:FXで副業
スポンサーリンク

このページの先頭へ