自動販売機のジュース補充補助の仕事は沈黙が苦手だとキツい(20代/男性)

自動販売機のジュース補充の仕事をしていました。

まず、作業の内容としましては、タイトルの通り自動販売機にジュース補充をする際の手伝いを行います。前日に待ち合わせの場所の連絡をメールで受けて当日待ち合わせの場所に行きます。待ち合わせ場所に着いたらメールで受け取った担当ドライバーに電話をします。この時運転中のためドライバーの方が電話に出れないこともありますが時間通り着いていることを知らせるためにもきちんと電話をした方がいいです。留守番になるようであれば留守番メッセージをいれましょう。

ドライバーさんと合流したら挨拶をして助手席に乗ります。この時、制服を渡されるので指示に従って着替えます。着替えが済んだら出発します。目的地に着くまでは特にやる事はないのでドライバーさんと雑談しながら目的地に向かいます。ルートの確認や地図を読まされるといったことはありません。ごく稀に見通しの悪い道などではバック誘導をする事もあります。

目的地に着いたらジュースの種類別に補充する本数をドライバーさんが調べます。その間にゴミ箱が設置されている自動販売機だったらゴミを回収して新しいゴミ袋に変えます。ゴミ袋はトラックに入ってる場合がほとんどですのでゴミ袋が必要な場合は持ってくるよう指示がでます。回収したゴミはトラックの屋根の部分に入れることができるようになっているのでそこに投げ入れるかハシゴを登って入れます。
ゴミを回収してトラックまで持ってくる際に気をつけることはジュースの漏れがないか確認することです。屋外ならいいですが屋内の場合は取引先の建物を汚すことになるのでどうしても漏れてきてしまう場合は指示を仰ぎましょう。

補充する本数がわかったらトラックの荷台に積んであるジュースをあきかごや段ボールに入れて自動販売機まで持っていきます。自動販売機にジュースを補充する作業はドライバーの方が基本的に行います。補充が済んだらトラックに戻り次の目的地に向かいます。1回の仕事で大体10?20の自動販売機に行きます。作業時間より移動時間の方が長いので身体的には比較的楽な仕事だと思います。

ドライバーさんと2人きりの作業になるので2人きりが辛いと思う人や沈黙が苦手という人は大変かもしれません。基本的に現地集合現地解散なので集合場所と解散する場所の最寄駅は違います。ドライバーさんがいい人だと家の近くまで乗っけてもらえることもあります。

働く時間帯は8:30から17:00がメインです。時間が伸びてしまうということはありませんでした。休憩はトラックの中で食事休憩が1時間もらえました。日給で7000円?8000円の仕事でした。交通費を考えると入ってくるのは1000円くらい減るイメージです。

<管理人コメント>

自動販売機のジュース補充補助の仕事ですが、意外に求人はあります。短期OK、未経験OKなので、ほぼ誰にでも応募できる仕事です。

【本サイトで最も読まれているページTOP3
アクセスNo.1:まじめな副業(TOPページ)
アクセスNo.2:月収1~2~3~5~10~100万円のおすすめ副業
アクセスNo.3:FXで副業
スポンサーリンク

このページの先頭へ