副業としてのファイナンシャルプランナー(40代/男性)

私は生損保保険代理店に勤めていますが、副業としてファイナンシャルプランなどに関するコンサルタントの仕事をしています。

もともとの仕事柄、国家資格であるFP技能士の資格を取ったのですが職場ではこの資格を使うことはほとんどありませんでした。せっかく取得した資格でもあり活用しないのはもったいないと思い、ファイナンシャルプランナーとしてファイナンシャルプランニングに関するコンサルタントを副業としてすることにしたのです。

ファイナンシャルプランニングのコンサルタント業務においては、案件にもよりますが、1案件約2万円程度の報酬を得ることが出来ます。副業として取り組んでいますので一ヶ月でこなせる件数は1件ほどが精いっぱいです。従い、年間で稼げる金額は15万円~20万円程度です。

ファイナンシャルプランニングに関する副業のメリットは、何と言っても人の役に立っているという実感が持てることです。ファイナンシャルプランニングとは、個人の人生設計をファイナンスの面から組み立てることにあります。従い、依頼をいただく案件のほとんどは、生活が苦しいので家計を見直したいというようなケースが多いのです。そうしたご相談に親身にファイナンシャルプランナーとしてご相談に応じ、結果としてとても有効なプランをご提案できた場合にはとても喜んでいただけます。

一方でデメリットとしては、クライアントのお気持ちを察するあまり、ご提案するファイナンシャルプランニングがとても凝ったものになってしまい、作成するまでとても時間がかかってしまうということです。もう少し、効率よくファイナンシャルプランニングの作成が出来ると良いと思っています。

このファイナンシャルプランニング作成の副業の面白さとは、クライアントへの提案を作成することにより、自分自身にとっても役に立つプランが作れるという事です。当初はクライアントのために作成した住宅ローン返済プランを、自分のケースに置き換えて実行したこともありました。

一方でこの仕事のつらい部分は、私が提案したファイナンシャルプランニングの内容をクライアントにご理解いただけないことがです。この場合でも当初のお約束通り、プランニングに対するFeeは頂戴するのですが、とても達成感がなくつらさを感じる瞬間です。

ファイナンシャルプランニング作成の副業におけるコツとは、案件を紹介していただける人脈造りと、親身なファイナンシャルプランニングの作成にあります。私は副業としてこの仕事をしているので、特段、ホームページを作成して案件を募集している訳でもありません。私は知り合いの税理士などのネットワークを活用してクライアントをご紹介していただいております。

ファイナンシャルプランニングの作成においては明確な料金体系はありません。従い、契約当初、取り決めた金額をクライアントがお支払いただきながらも、私がご提案したプランに納得していただけなければ、その方は二度と私に依頼をしていただけないでしょう。そういった事がないように、私は親身なファイナンシャルプランニングの作成を心がけています。

ファイナンシャルプランニング作成の副業は、誰にでも出来るものではありません。FP技能士やAFP、CFPの資格が必要となります。日本ではファイナンシャルプランナーの認知度はまだまだ低いため継続的な案件を得ることが出来る人はごく一部に限られます。そういったことからもこの副業はなかなか他人にお勧めできるものではないのですが、逆を言うとこれから資格を取ってこの仕事に取り組んでみたいと考えている人にとってはまだまだ、入り込めるチャンスがある業界だと言えなくもないと思います。要はご本人のやる気次第で稼げる副業ではないでしょうか。私の話がご参考になれば幸いです。

<管理人コメント>

ファイナンシャルプランナーの副業は、高度な知識や豊富な人脈が必要な割には、お金という面では、それほど割に合わない印象です。これもまた、やりがいがないと続けてられないでしょうね。

【本サイトで最も読まれているページTOP3
アクセスNo.1:まじめな副業(TOPページ)
アクセスNo.2:月収1~2~3~5~10~100万円のおすすめ副業
アクセスNo.3:FXで副業
スポンサーリンク

このページの先頭へ