情報ビジネスで副業

真面目にやれば人から感謝されて儲かる副業

情報は売買できます。本、雑誌、新聞などは紙を売っているのではなく情報を売っています。
昔は一般人がそれをやろうとすると自費出版という形ぐらいしかありませんでした。
しかし、現在では執筆した文章をPDFファイルなどにしてネット上で販売できるようになっています。これがいわゆる情報ビジネスです(情報ビジネスには他にも形態がありますが本ページではとりあげません)。
販売する情報ですが、他人にとって有用であれば何だって商売になります。内容としてはいわゆる「稼ぐ系」が最も多いです。その他、モテル方法、ゴルフなどのスポーツの上達法なども多いです。価格は数千円から1万数千円程度が中心です。書籍の10倍ぐらいの価格で、しかも自費出版と違い経費が殆どかからないので、売れれば利益は非常に大きくなります。
販売する方法ですが、自分でホームページを作ってそこで販売してもいいのですが、インフォトップなどの商法商材専門のショッピングモールに並べて販売する方法がポピュラーです。

ただし、購入者からすれば、立ち読みもできず、購入するまで内容がわからないわけです。しかも安くはないので期待はずれだと詐欺扱いされる場合もあります。実際、とりわけ稼ぐ系情報商材は全く役に立たないゴミ商材が非常に多いです。サイドバーメニューの「楽して稼げるびっくり副業(笑)」も詐欺情報商材です。
情報商材は一般人からすればやや胡散臭いイメージがあるかもしれませんが、真面目にやれば人から感謝されて儲かる副業と言えるでしょう。

難易度:自費出版に比べれば易しいが他の副業に比べれば敷居が高いか。書くのも売るのも簡単ではない。
報酬:☆☆☆☆(低リスク高リターン)
向いている人:?

スポンサーリンク

このページの先頭へ