黄金伝説の副業(内職)

黄金伝説はまさに伝説だった?

ご存知の方も多いと思いますが。黄金伝説という人気テレビ番組があります。その中で内職でどれぐらい稼げるのか?という企画がとりわけ人気を博しているようで、何度も放映されています。
黄金伝説の在宅ワークの場合にはあっせんしている業者が在宅ワークの仕事を持ってきては、それを出演者が仕上げて、仕上がったらすぐにお金がもらえるという形で放送されていました。二人組のお笑いコンビなどが眠気や疲労と闘いながら内職をするシーンや、封筒に入れられた報酬額を見た瞬間に一喜一憂する場面が見どころとなっています。
報酬額に関してはピンからキリまで、幅がありましたが、意外に高い報酬の場合も少なくなく、この番組を見て内職はこんなにもうかるんだ、と思った人も多いと思います。
しかし、それはあくまでテレビの企画であって、それが内職の実情であると考えないほうがよいでしょう。
まず、内職は仕事を見つけること自体、難しくなっています。黄金伝説で紹介された在宅ワークは非常に反響が大きく、番組の放映後にはテレビ局に、どこの在宅ワークのあっせん業者だったのか紹介してほしいという電話がひっきりなしにかかってきたと言われていますが、ほとんど対応してくれないそうです。こういう電話をかける人が多いということ自体が、内職を見つけることの困難さを示しているとも言えます。
また、番組では一つの仕事の作業時間は数時間程度ですが、実際はそれを数日続けることになります。テレビではその数時間でも疲れはてていましたが、実際はそれをさらに継続させる精神力が必要とされます。
さらに、番組では次から次へと様々な種類の仕事が持ち込まれましたが、実際は仕事が少ない期間や無い期間もあるので、収入は安定しません。報酬が安くとも仕事があるだけまし、と思っている人も多いようです。
しかし、黄金伝説に登場する内職は確かに実在しているので、もしかしたら、うまく割の良い内職ばかりを副業としている人もいないとも言えません。そういう「もしかしたら」という夢を見せてくれるのがテレビ番組の黄金伝説だと言えます。
スポンサーリンク

このページの先頭へ