小中高校生と高齢者の副業(仕事・バイト)

副業にも年代によってできる仕事が変わってきます。
能力があれば年齢は関係ない、と言いたいところですが、実際は仕事をする上で年齢が制限になることは普通のことです。

0歳から12歳→原則労働は禁止。劇団の子役などでしか認められない。なお、世界では児童労働が問題化している。

13歳から15歳→軽易で健康と福祉に有害でない仕事であれば労働基準監督署の許可を得て働くことは可能。具体的には新聞配達など。

15歳から18歳→一応普通に働けるが、深夜労働は原則禁止など制限もある。当然福祉に有害な仕事は禁止。それ以外でも正社員としての採用は18歳以上が条件になっていることが多いため、選択肢は少ない。また、アフィリエイトなどのネットビジネス関係でも18歳以下はお断りの場合が多い。
具体的にできる仕事は、ファミレスやファーストフード店のバイトぐらい。内職はOK。

18歳から40歳→若く体力があるので、肉体労働もできるし、それが嫌ならネット系ビジネスもOK。何をするにも制限はない。

40歳から60歳→経験を生かして副業。なお、期間従業員などの肉体労働は40歳以上だと採用は厳しくなってくる。

60歳以上→60歳以上でもやれることは多い。定年退職後、ネットビジネスで一山築く人もいる。健康であればシルバー人材センターに登録するのも良い。また、女性なら熟女系チャットレディに登録することも可能。

基本的に18歳から60歳ぐらいなら、健康とやる気があれば、働き口はいくらでもあります。
以下ではそれ以外の年代の副業(仕事・バイト)について個別にまとめました。
なお、そもそも副業の定義からして、学生の副業とはおかしいかもしれませんが、本業を学業とすると、学業以外の時間に働くことは副業と言えなくもありません。
まあ、そこはこだわらずに読んでみてください。

  • 小学生の副業(仕事・バイト)
  • 中学生の副業(仕事・バイト)
  • 高校生の副業(仕事・バイト)
  • 60歳以上の副業(仕事・バイト)
  • スポンサーリンク

    このページの先頭へ