在宅ワークの長所と短所

自分に合う仕事を見つければ多少の短所は気になりません

在宅ワークの長所ですが、一般的には以下のような事が言われています。

●空いた時間や自分の好きな時間に仕事をすることができる
子供に目が離せない主婦の方、介護で忙しい方など、外で長時間働くことが出来ない方にぴったりです。また、すでに職業のある方が副業として、夜や休日にやることも可能です。
●場所を選ばない
在宅ワークは出勤する必要がないのでPCとインターネット回線があれば、全国どこでも仕事を行う事は可能です。仕事の少ない地方在住者でも仕事を受けるチャンスをつかむことが出来ます。
●仕事の時間を選べる
あなたの都合の良い時間に仕事をする事が可能です。ただし、お仕事には納期がありますのできちんとした仕事意識を持って臨むことが必要になります。しっかりとした判断力と責任感があれば、どの方でも自由というメリットを活かすことができます。
●スキルと頑張り次第で高収入が可能
在宅ワーカーは個人事業主なので、実力と努力が報酬にそのまま比例します。特に高度なスキルを身につければ、通常の会社員をはるかにしのぐ収入を得ることも可能です。

●職場の人間関係に悩まされない
基本的に自宅で一人で仕事をするため、人とかかわることが苦手な人にも向いています。しかしながら、仕事内容の説明や、納品の際に担当者とやり取りをすることは必須なので、コミニュケーション能力は在宅ワークでも不可欠です。

一方で短所は以下のような事があげられます。

●責任が大きい
会社で働く場合だと、困ったことがあれば周囲の上司や同僚に助けを求められますが、在宅ワーカーは個人事業主なので仕事に対して全責任を負っています。徹夜が続こうと、子供が熱を出そうと、何があっても必ず自分の責任で納期を守らなけれななりません。

●自己管理が問われる
在宅ワークは通勤がなく、自分の好きな時間に仕事が出来るメリットがありますが、人の目が無い分、自己管理が重要となってきます。だらだらとやっていてはいつの間にか納期が迫っていて間に合わなかった、などということがないよう、周囲の目が無くとも仕事とプライベートはきっちりと分け、緊張感を持って仕事に取り組む姿勢が重要です。

●収入が不安定
在宅ワーカーは会社員と違い、基本給と言う仕組みが無いので、こなした仕事の分だけ収入になります。しかし、仕事も常にあるとは限らず、毎月の収入は不安定になりがちです。リスクを減らすため、様々な仕事に対応できるようにスキルの幅を広げておく、なるだけ多く人材登録をしておく、などの対策が必要です。


このように在宅ワークには長所と短所両面がありますが、やりがいのある仕事を見つけることができたら短所はそれほど感じないはずです。仕事を始める際には、自分の適性や、やりたい事を明確にしておきましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ