副業で投資することの是非

ギャンブルと割り切って楽しくやろう

副業関連の雑誌やウエブサイトでは投資(株・FXなど)を副業扱いにしていますが、実態を考えればそれは副業というにはふさわしくないと思います。
ここ数年人気のFXも9割の人間が損をしていると言われています。
少ない給料を何とか補填しようと副業を始めたはずなのに、逆に金を失う結果になる可能性が9割。これって副業と言えますか?

副業で投資を選択する人は「楽して儲かりそうだから」という理由がほとんどだと思います。
しかし、そんな考えで儲かるほど投資は甘くありません。
FXの場合、実際に勝負を挑むのは主に機関投資家などのプロが相手になります。彼らはあらゆるアプローチから相場を研究して勝負してきます(実際はそんな彼らが作った自動売買システムがトレードしている)。本業のトレーダーでも長期間生き残るのが難しいと言われる相場の世界に、素人が「楽して儲けよう」と思って参入して勝てるでしょうか。

むろん、素人でも真剣に相場を研究してトレードしている人も少なく無いですが、頑張れば勝てるという世界でもありません。投資は本当に難しいのです。

しかし、副業としては失格ですが投資には素晴らしい側面もあります
★大儲けが可能
まじめに働くのが馬鹿らしくなるぐらいの大金が稼げる可能性があります。私の友人にも億単位の金を稼いだ人がいました。
★いつでも誰でもできる
株やFXをやるのに資格は要りません。口座を開いたら誰でもすぐに始められます。また、マーケットが開いていれば自宅でやりたい時にやりたいだけやれます。
★とにかく楽しい
相場を研究することや、予想が当たって儲かった時は本当に楽しいです。中毒性があると言っても過言ではありません。

総じて、投資はギャンブルに近い、というのが個人的な見解です。
つまりはギャンブルだから、損をする可能性を常に頭に置いておくこと、使ってはいけないお金を使わないこと、負けても楽しかったと思えることが肝心です。
大まじめに投資を副業として考えて、失敗したら激しく後悔するより、投資はギャンブルと割りきった方が精神衛生上は良い、ということです。

スポンサーリンク

このページの先頭へ