副業を本業にするには

ヤル気と貯金があれば今すぐOK?

副業収入が伸びできたからこちらを本業にしたいとか、あるいは初めから副業を本業にするつもりで取り組んでいる人もいると思います。

「副業のほうがやりがいがある」「副業のほうが儲かる」「本業が嫌で嫌で仕方ないからとにかく逃げたい」など人によって様々な理由があると思います。しかし、重要なのはいつ、どのような条件が整ったなら本業を辞めるのか?ということです。これには、
・稼げてないうちから本業を辞める
・稼げるようになってから本業を辞める

という2パターンがあると思います。
個人的にはヤル気があるのなら稼げてないうちから本業を辞めた方がよいと思います。

私自身、副業を本業にした時の月収は100円以下でした(笑)。なお、それは一種の在宅ワークです。
まったく稼げてなかったのですが、やってて楽しかったし、いまさら会社で働くなんて絶対嫌でした。
それから背水の陣で必死に頑張って、1年後には月15万円を稼げるようになりました。多くはありませんが私は独身者なのでそれだけあれば生活できますし、嬉しかったですね。ようやく自分の仕事はこれだと人に胸を張って言えるようになりました。
また、会社組織に頼らず、一人で独立してやっているということも誇りに思っています。会社員時代のほうが収入は多かったですが、特にそれを誇りに思うことはありませんでした。やりたいことをやっている今のほうがずっと充実した生活を送れています。

ただし、私の場合、稼げなかった1年間は会社勤めしていた時の貯金で生活していました。それがなかったらバイトか何かをやっていたと思います。
そして、もしも、稼げるようになる前に貯金が尽きてしまったら、やっぱりバイトしてたと思います。借金してまでやろうとは思いません。
やはり、何らかの組織に属さずに稼ぐということはリスクが高いので、結局失敗するケースは少なくないと思います。それは私も初めからわかっていました。ダメならバイドでもなんでもすればいい、死にはしないとある意味腹をくくって、飛び込みました。
結局、副業を本業にするのに必要なのは「ヤル気」と「貯金」だと言えます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ