ホームレスで月収40万円!?

家はないけど仕事はある!

ホームレス=何にもしてない怠け者
と思っている人も多いはずです。

はっきり言って、それは間違いです。
東京都墨田区で行われた調査(「ホームレスの労働と健康, 自立支援の課題」(http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2007/06/pdf/061-074.pdf#search='%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%AC%E3%82%B9+%E5%8A%B4%E5%83%8D%E6%99%82%E9%96%93' )
では、ホームレスの86%が何らかの仕事についているという結果になっています。


月の平均労働日数は10.4日と、サラリーマンの半分ぐらいですが、ホームレスは60歳以上の高齢者も多いので、それを考えるとかなりの日数です。
また、20日以上と通常の労働者と変わらない人も2割程度存在しており、ホームレスの勤労意欲はかなり高いと言えます。


すべての仕事を合わせた収入の分布は以下の通りです。
平均は4.53万円となっています。
なお、最高額は40万円です。
何をやっている人かわかりませんが、建設作業員で休みなく働くかすれば可能な額です。


さて、ホームレスの具体的な仕事としては、廃品回収(アルミ缶, ダンボール, 本, 粗大ごみ)が43.6%と、最も多くなっています。
気になるのはその収入ですが廃品回収のみを仕事としている人では、日給は2千3百円、労働日数は18.9日、月収4万3千4百7十円となっています。
労働時間はわかりませんが、あまり割のいい仕事とは言えないようです。

ホームレスが空き缶回収をしている光景を見て、自分もあれで稼いでみたいと思う人もいるでしょう。
しかし、ほかにもっと割のいい仕事があるので、あまり積極的に廃品回収の仕事を選ぶ理由はないと思います。

なお、ホームレスの仕事で2番目に多いのが建設日雇です。
これは、日給が1万40円なので、廃品回収より割がいい仕事と言えます。
ただし、稼げるからか労働時間は短く、月6.7日、月収は6万7千2百68円となっています。
これは、日雇いの仕事があまりない、ということも理由かもしれませんが、6万円ほど稼げばホームレスとして十分暮らしていけるから無理しない、という選択なのかもしれません。

楽しい?きつい?ホームレスの暮らし

以上のように、現金収入があるホームレスがほとんどなので、その使い道が気になります
調査の結果では、
飲酒習慣あり…44%
ギャンブルが趣味…24%

なので、稼いだお金でお酒を買ったり、ギャンブルにつぎ込んでいる人も少なくないようです。

一方、以下のような人もいます。
1日1食以下…14%
生活への不安感あり…65%

ホームレスの間でも月収が0円の人もいれば40万円の人もおり、収入格差は開いています。収入が少ないホームレスは1日1食以下の生活を強いられるなど、ギリギリの生活をしていると考えられます。

ホームレスは家賃が0円であることはもちろん、それ以外の生活コストもほぼ0円で済ますことが可能です。
ホームレスで毎日日雇いの仕事をすれば、月20万円以上のお金が自由に使えますし、ある意味普通のサラリーマンより裕福に暮らせるはずです。
しかし、病気だったり高齢になると、日雇いの仕事にも付きにくくなるので、それもある程度若い内に限られます。

やはり、将来のことを考えると生活の不安というのは大きいですね。
何もしてなくても襲撃されたりする危険もありますし、やはり安心してホームレス生活を営むことは簡単ではないと思います。

【本サイト記事のアクセス数TOP5

人気No.1:月収1~2~3~5~10~100万円の副業
人気No.2:サラリーマン向きの副業
人気No.3:おすすめの副業
人気No.4:シール貼りで10万円~30万円
人気No.5:副業でどれぐらい稼げるのか
スポンサーリンク

このページの先頭へ