副業で懲戒処分になった公務員の悲劇

世の中間違ってる!

大阪市の公務員が、パチンコ店で夜間に清掃の副業をしたとして停職3カ月の懲戒処分を受けました(http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130329/waf13032907390003-n1.htm)。
その副業をした理由が、「子供の受験代などを稼ぐため」でした。
子供のために、仕事の後、更に仕事…。なかなか良くできた親父だと思いますが、公務員の世界では副業はご法度です。停職3カ月は懲戒処分としては重い部類に入るでしょう。副業で稼いだ額より多くのお金を失うことになりますし、また、今後の昇進にも大きく影響するでしょう。

個人的には公務員の副業禁止規定に反対です。
市役所での仕事の後なら遊ぼうが何しようが個人の勝手です。なのに副業だけなんで禁止なんでしょうか。機密情報の保持などともっともらしい理由もあげられますが、パチンコ店でのバイトにそんなこと関係ありません。
副業をした結果、市役所での業務に支障を来したから処分する、なら理解出来ますが、はなっから禁止するのはやりすぎ、個人の権利の侵害だと憤りを覚えます。

ただし、この公務員もパチンコ店のような人の出入りの激しい所でバイトするのは甘かったと思います。知り合いに出くわす可能性が高い場所では副業しないのは鉄則です。
激務で知られるパチンコ店で働こうとした意気は立派ですが、NGでしたね。
お子さんがいるのに停職3カ月になって、家計も大変だと思いますが、今後は在宅ワークなど別の方法で副収入を得るように頑張って欲しいと思います。

【本サイト記事のアクセス数TOP5

人気No.1:月収1~2~3~5~10~100万円の副業
人気No.2:サラリーマン向きの副業
人気No.3:おすすめの副業
人気No.4:シール貼りで10万円~30万円
人気No.5:副業でどれぐらい稼げるのか
スポンサーリンク

このページの先頭へ