無職の楽しさと辛さ

サラリーマンも無職にも適応できず…

管理人は昔はバリバリはたらくサラリーマンでしたが、無職だった時代もあります。
無職は自由でいいです。平日の昼間から街をウロウロするとそれだけで楽しい気持ちになりました。
また、サラリーマンのように義務や責任もありません。誰からも何も言われず、毎日自分の好き勝手に動けます。

しかし、暇すぎました…。
社会との絆をなくし、一緒に遊んでくれる友人もおらず、仕方ないから昼過ぎから酒を飲む日々。体調が悪くなりました。
暇な時間を有意義に過ごせず、腐ってしまいました。

社会的にも最底辺なので、惨めな思いもたくさんしました。
何もしてないのに何度も職務質問されました。
カードの審査ももちろん通りません。
友人に対しても卑屈になりました。

もちろん、お金の問題もあります。
当時、貯金はあったので、生活は出来ましたが、贅沢はできません。
貯金残高が減り続けることには精神的にプレッシャーを受けます。

結局、私は無職に向いてなかったと思います。
しかし、結局働かず、その後は外国に旅立ちました。
そして、帰ってきて自営業をしています。
今は働いていますがサラリーマンの頃ほど忙しくもなく、ちょうどいいぐらいです。
無職もつらいが、サラリーマンもつらく、自分で働く時間を調整できる自営業こそ自分にピッタリだと思っています。
とにかく、無職にもサラリーマンにも戻りたくありません。

【本サイト記事のアクセス数TOP5

人気No.1:月収1~2~3~5~10~100万円の副業
人気No.2:サラリーマン向きの副業
人気No.3:おすすめの副業
人気No.4:シール貼りで10万円~30万円
人気No.5:副業でどれぐらい稼げるのか
スポンサーリンク

このページの先頭へ