株 退職

2年で退職。結局稼いだ金の半分を損してしまう…(2004年)

株で負けるために働いてました(泣)

陸上自衛隊の下っ端自衛官は、2年で一任期の一種の期間従業員です。延長することもできますが、私は2年で退官しました。

私の月収は手取りで14万円、ボーナスは年間50万円、退職金60万円ぐらいだったでしょうか。自衛官なので家賃と食費はかからないので、慎ましく暮らすならば、2年で400万円は貯まるはずでした。
基本的に末端自衛官は、年が若いということもありますが、金遣いは荒いです。パチンコ、フーゾク、バイク、車、何かにハマって金欠になっている隊員が大半でした。私はそのいずれにも関わりませんでしたが、株をやってしまったために、金遣いの荒い隊員より多くの金を失ってしまいました。まだ、車やバイクの方が物として残るのでマシなぐらいです。
株をやって得たものって特にないです。物質的にはもちろん、人間的に成長したという事もないです。むしろカネのことばっかり考えていたので性格が歪んだかもしれません。

 

まあ、多分2年で200万円は失ったと思います。多分と言うのは、最後の方は怖くて損を計算出来なかったからです…。
一体私は何のために働いていたのでしょうか…。自衛隊では色々辛いことだらけで、その代償にもらっていた金の半分を失うなんてアホすぎ…。

 

けどもっとアホなのは「これは授業料であって、この経験を糧にこれから損を何倍でも取り戻す」とか思って株を止めなかったことでしょうか。そして今に至るわけです(笑)。