ボロ株

ボロ株にはまる

ボロ株にハマってボロボロ…

株を始めて1年経つ頃、2003年のことですが、私はボロ株(低位株)にハマってました。

IBダイワ、森電機、オメガプロジェクト、山水電気、ニューディール…。当時は知る人ぞ知るボロ株の星々が燦燦と輝いていました。

 

トヨタや新日鉄などの大型株は株価が2倍になるのに少なくとも数ヶ月かかりますが、ボロ株なら一度火が付けば1日で2倍以上、数日で10倍にも値上がることがあります。
なかなかボロ株で勝つことは難しいのですが、1回でも当たりを引けば、それだけで大金が手に入ります。ということで、何度もボロ株に挑戦したのですが…、結果、惨敗でした。夢の代償は高く付きました。まあ、軽く100万円は負けました。当時の手取りの給料が月14万円、ボーナスが一回30万円の頃でした。私にとってはかなりの大金でした。
大金を狙って、大金を失う…。本当に浅はかな愚者でした。
取引は楽しかったですが、負けるごとに仕事する元気が無くなっていきました。

 

 

IBダイワは現在プリンシバル・コーポレーションと名を変えていますが、相変わらず新株予約権を刷ることだけで生き延びてます。
当時の株価は30円代でした。その後1/10の株式併合があって、2013年現在では10円です。つまり株価は1/30になっています。当時から持っているならほとんど紙くず状態です。

 

森電機はアジアグロースキャピタルと名を変えています。赤字続きの会社がなにカッコつけてるのでしょうか、失笑です。
当時の株価は10円程度。その後1/10の株式併合があって、2013年現在では40円です。つまり株価は4割になっています。紙くずとまではいきませんが、今もボロ株です。よく生き残っていると褒めるべきでしょうか。

 

オメガプロジェクトはソーシャル・エコロジー・プロジェクトと名を変えています。これまたわけの分からない名前です。
当時の株価は20〜50円ほどでしたが、その後1/10の株式併合が2回あって、2013年現在では約100円です。株価は1/50以下になっています。非常に悪質なボロ株と言えるでしょう。
しかし、当時はオメガはかなり人気のあるボロ株でした。というのは数ヶ月に一度のサイクルで、株価が突然急上昇していたので(オメガサイクルと言われていた)、取引を繰り返していけば必ず儲かると言われていました。最後はジリジリと値を下げて株式併合になりましたが…。

 

山水電気、ニューディールは上場廃止になりました。山水電気はボロ株でありながら長らく東証1部に居座り続けていましたがようやく2012年に退場しました。山水電気はオメガやIBダイワと違って、動きが少なく、面白くない株でした。
ニューディールは株式分割したり併合したりと、よくわからない醜悪なボロ株で、最後は静かに逝きました。